はなう式blog



08月のカレンダー
  0102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
nakanohito

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<-/スポンサードリンク/コメント(0)/トラックバック(0)

ラルクはもっと評価されて良いと思う

評価:
L’Arc~en~Ciel,hyde,yukihiro,Hajime Okano
(2003-03-19)
やはり元ビジュアル系の悲哀なのだろうか、ラルクが今後10年活動を続けてもB'zやサザンやミスチルのようにはならないと思う。それが悲しい。ラルクはもっと評価されて良い。


ラルクの独特感は以下の2つに起因していると思う。

1.1曲1曲が丁寧に作られている。やさしい表現で言えば、使っている楽器の種類が多い。音色が多いのだ。
2.とにかくベースの音が大きい。あと、ベースが旋律をひく。


1と2の組み合わせで、フルオーケストラ曲のような感覚を覚える。ミスチルが4ピースバンドの基本的な音色に忠実なのと対照的だ。しいて言えばB'zに近い。(もっともあれは2人だけど。B'zはベースはそこまででもないが代わりにバイオリンなどのアコースティックストリングスを多用する。)

ベースが主張して、トランペットなど金管まで使うから、ビッグバンドジャズみたいにも聴こえる。幅が広い。

このアルバム、ベースだけずーーっと聴いてもらいたい。主旋律にはない裏旋律が実はあるんだということに気づくだろう。

好きな曲:
DIVE TO BLUE
HONEY (鬼ベースの典型)
浸食 lose control  (鬼ベース2。静かなところなんかベースだけでご飯食べられる。)
trick
Driver's High
・・・うーん、全部だ(汗)
音楽【★★★★★】hanauコメント(2)/トラックバック(0)

スポンサーサイト

<-/スポンサードリンク/コメント(0)/トラックバック(0)
コメント
もーう、まったくもって同感であります!
>tomoさん

コメントありがとうございます
まったくですね!!
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURLはhttp://hanau.jugem.cc/trackback/491