はなう式blog



08月のカレンダー
  0102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
nakanohito

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<-/スポンサードリンク/コメント(0)/トラックバック(0)

プロ野球 開幕時予想 セリーグ

あまりやる気のおこらないセリーグ

【各球団短評】

●巨人 投★★★★ 打★★★ 守★★★
若干打つほうが弱いかな。バランスはよい。

●阪神 投★★ 打★★★ 守★★★
特によいところが見当たらない。特に先発がやばい

●中日 投★★★ 打★ 守★★★★
打線が崩壊すると思われ。

●広島 投★★★★ 打★★ 守★★
投げるほうはリーグ1位かもしれない。ルイスと前田は計算できるに違いない。
打つほうがそれなりにがんばれば台風の目。

●ヤクルト 投★★★ 打★★ 守★★★
阪神と同じ。特によいところはない。内野手が打てない人が多すぎ。


●横浜 投★★★ 打★ 守★★

村田怪我でオワタ

【順位予想】
1.巨人
2.広島
3.ヤクルト
4.阪神
5.中日
6.横浜
徒然hanauコメント(3)/トラックバック(0)

プロ野球展望 パリーグ

プロ野球が開幕しますね!!

当然WBCで興奮しまくったはなうですが、プロ野球も大事なのです!!

ということで、パリーグ展望

【各球団短評】
●西武 打★★★★★ 守★★★ 投★★★★

強い。当然高評価。
ただ、しいて言えば、先発が穴。足りない。
涌井岸帆足そのあとだれ??
星野 岡本 大沼 許 グラマンの中継ぎは他球団よりは層があつい。
中継ぎエースがいなくてもこれだけいれば何とかなってしまうと思う

守りは、ボカチカか江藤がスタメンになる可能性から減点。

●オリックス 打★★★ 守★ 投★★

一番補強したチーム。まず打つほうだけど、西武やロッテより劣ると思う。
ホームランだけで野球はできない。ましてや京セラ。

そして守り。だれがどこ守るのか知らないがローズ ラロッカ フェル カブレラで
防御率1くらい下げる威力があると思う。

投げるほうも駒不足。菊地原か加藤が冴えなかったら終わる。

●日本ハム 打★★★ 守★★★★ 投★★★

打つほうは、二岡補強で完全に足りた。問題なくつながる打線ができると思う。
今までDH小谷野とか高橋信とか、意味わかんない采配を取らざるを得なかったのが
これで解消される。DHはスレッジ固定がベスト。
ただし、ボッツヒメネスの助っ人2人をしばらく使ってそのせいで負けると思う。
ボッツヒメネスが2軍にいってから勝負。

なげるほうは先発が足りない。武田勝を筆頭に、八木・須永・吉川・木下 全員微妙である。それでも星3つなのは、ダルビッシュ分。

●ロッテ 打★★★★ 守★★★ 投★★★

色がないチーム。特に穴はないけど強いところも感じない。
先発も若干足りないし、打つほうは新外国人がコケたらやばいと思う。
でも、多分打のチームになります。

投げるほうは、荻野と川崎のでき次第。

●楽天 打★★★★ 守★★★ 投★★

相変わらず中継ぎ以降とマー君岩隈以外の先発がズブズブ。
打つほうは問題ない(去年から問題ないし。)

とっとと先発補強しなさい。

●ソフトバンク 打★★ 守★★ 投★★★★

投手陣は明らかにパリーグ1位。打つほうは最下位。
捕手がだめとか、内野が高齢化とか、ここ2年くらいの課題が
まったく解決してない。純粋に劣化。

投げるほうは無敵状態。杉内和田新垣久米に、当たるかどうかわからないが外国人がいっぱいいて、さらに三瀬馬原。いかにこの投手陣が辛抱するかでしょう。


【順位予想】
1.西武
2.日本ハム
3.ロッテ
4.楽天
5.ソフトバンク
6.オリックス
徒然hanauコメント(0)/トラックバック(150)

丁寧すぎて惚れるできばえ。

篤姫を紹介したら、これを紹介しないわけにいかない。ということで久々に聴いた。医龍サントラ。

医龍ほど、バックミュージックが視聴率に貢献したドラマは珍しいのではないか。それほど秀逸なメロディーの数々。サントラとしての良曲の多さならダントツである。とにかく、一曲ずつ丁寧。

つくづく思うのは、日本のクリエイターは優秀な人がいっぱいいるんだから、音楽の作り手ももっと育ってほしいと思う。特に、映画・ドラマ音楽の作り手は迫害されていると思うので、医龍のテーマがなぜここまで愛されたかということをしっかり分析して、今後は優秀なサウンド屋を業界で保護して育ててもらいたい。

あと、安易にロックチューンや電子音に走らずフルオーケストラの重厚感を重視してほしい。重厚な人間ドラマの主題化が軽いポップスとかだとそれだけで見たくなくなる。

ところで、医龍の主題歌ってAIさんらしいですよ?全話みたけど覚えてません(笑)。明らかに主題テーマに負けてる。
ドラマ屋も、あんなエンディング作るくらいならblueDRAGON使いまわせばいいのに。
音楽【★★★★★】hanauコメント(2)/トラックバック(32)

日本のすべてのドラマが見習うべきクオリティ

紹介しないだけで、はなうは気になったドラマ・アニメ・映画サントラを聴きます。その中でも特に珠玉のクオリティといえるものを今後は紹介したいと思います。

−−−−−−

ということで、今更ながら、篤姫。この主題テーマは「利家とまつ」と双璧を成す歴代大河ドラマオープニングの最高傑作であると思う。とにかく、凄いテーマ曲だ。

大河のオープニングは2分30秒から3分の間でなければならないのはファンには常識だが、その範囲内で、1月から12月まで続く長い長いストーリーを凝縮しなければならない。これは大変難しい作業である。武田信玄だから戦国武将っぽくとかいう安直な発想で曲をかくと、ドラマを体現しないダメテーマが誕生してしまう。

大河ドラマは、有名な歴史上の人物の 生涯を描くドラマである。であるからして、そのテーマはその人物の最も有名な部分だけをうつしてはいけない。幼少期のエピソードや、晩年の過ごし方まで含め描かなくてはならないのだ。そして、その人生を2分45秒に凝縮すると、人物の思念が曲に乗り移る のであると思う。

大河ドラマのテーマソングの評価方法は簡単で12月の最終話の最後のシーンで流れていたときに感動するかどうか という明確な評価基準がある。

1月の段階で理解されなくてもよいのだ。最終話を見たときに、ああ、この人の人生にこのテーマはぴったりだ と思い涙できればそのテーマは最高のテーマとなる。その点で、「利家とまつ」「篤姫」ははなうが見た10本ちょっとの大河の中で最高だと思う。

なぜ最初がドラなのか、その後続く穏やかな音楽と怪しげにざわめく不穏なメロディー、そして一番有名なバイオリンのテーマ。そのそれぞれが、篤姫の思念を現しているのだな、最終話を見て、とても納得した。

はなうは、かねてから日本のドラマや映画は主題歌がだめすぎる(ものが多い)と思っているのだが、日本のすべてのドラマ主題歌作成者に見習ってほしいすばらしいテーマであると思う。最終話に胸を張って流せるテーマを是非作ってもらいたい。

(近年では、ごくせん3rdのAquatimes「虹」はドラマを理解したすばらしい歌だと思う。ちょっと昔なら、低視聴率だったけどブリグリの「There will be love there」とか。)

サントラ全体を聴くのはファンだけでよいと思うけど、ドラマを見た人ならお勧めしたい一枚。いや2枚(2枚あるのです。全体としては2枚目の方がよい曲が多いと思う)。
音楽【★★★★★】hanauコメント(2)/トラックバック(19)

後期水樹として、十分聴ける1枚

水樹奈々5th。矢吹氏の曲が1曲しかないのでファンはあてっこゲームをしてほしいところ。ファンなら多分あたる。それくらい浮いている。マジで、不要。(矢吹氏が嫌いなわけではないが、このアルバムにとっては不要な楽曲といわざるを得ない)

矢吹プロデュースから自由になった水樹が歌い手としての幅を見せる本作。前作の統一感のなさと違い、全体に流れる叙情的な雰囲気は統一されており、その中で明るい曲と強い曲に分かれている。とても聴きやすい。願わくば、アニメのオープニングのような疾走感のある曲がもう少しほしかった。そういう点で評価を下げたい。

明るい曲はとても聴ける。SUPER GENERATIONやLove Trippin'など。とくに後者は間違いなくピチカートファイヴを意識している作りとなっており、ピチカートの軽い感じを取り入れながら、きちんと違う雰囲気にしている。これぞ良いオマージュ。

あと語らなければならないのは、「ひとつだけ誓えるなら」の出来のよさ。MISIAに歌わせたら100万倍良くなると思う名曲。水樹にバラードで震わせる技量がないのが残念。これは声質の問題もあるので特に非難してるつもりもないけど。

好きな曲:
SUPER GENERATION 
Love Trippin'


音楽【★★★】hanauコメント(0)/トラックバック(0)

矢吹俊郎氏の不作期

評価:
水樹奈々,矢吹俊郎,NAOKO,ゆうまお,飯田高広,大平勉,上松範康,本間昭光
(2004-12-08)
期待をこめて聴いたので、低く評価せざるを得ない本作。アルバム「GREAT ACTIVITY」がとてもよかったので、反動でものすごくがっかりした。

水樹奈々のプロデューサは一部オタにものすごく支持されている矢吹俊郎氏であり、矢吹氏のおかげで水樹奈々がヒットしたのは間違いないが、4枚目アルバムである本作は完全にスランプとしか言いようがない出来である。

まず、矢吹氏の特徴である無駄にハイテンポで駆け抜けるような曲がまったく見受けられない。
それから、楽曲の統一性・連動性、どれをとってみてもめちゃくちゃである。1曲目ミラクル☆フライトで大塚愛の明るい曲みたいな軽い感じで出しておきながら、とちゅうからいつもの暗い感じになり、そこから浮上しない。マイナーコードの曲も、ARI PROJECTの出来損ないのような感じである。

唯一評価できるのが、Tear's Heartと思われる。あ、矢吹作曲じゃなかったねwwwwごめんww

ということで、これのアルバムリリース直後から矢吹氏は表舞台から消えるわけだが、多分このアルバム本人の創作意欲が薄まっていて、本人が一回身を引いて休養したのだと思います。

前後のアルバムが良くても、期待して借りてはいけない典型のアルバム。

気に入った曲:Tear's Heart
音楽【★】hanauコメント(0)/トラックバック(21)

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]

「これではまるでドラゴンボールではないか」

超映画批評の分析がツボに入った。これは見たくならないwwwがっかりだww

ドラゴンボール(超映画批評)

それはそうと、昨日暇だったのでDVD借りてマジックアワーを見ました。

マジックアワー(超映画批評)

はなうは、「マジックアワー」自体初めて知ったのだけど、この映画全体に流れるテーマには非常に共感できた。

それは「僕は映画が好き」という単純なもの。作品全体に流れる、三谷の映画愛・役者愛・舞台愛・スタッフ愛、とても感じる。

エンディングがわかりやすい例で、よくあるシーンの回想ではなく、なんとスタジオでのセット構築風景なのである。「映画を撮る映画」を撮るスタッフを最後に出すってのがこの上ない愛情じゃないか。

久しぶりに舞台やりたいと思った。本当に。映画や舞台を「やる側」「作る側」の人には是非見てもらって、またやりたいなぁーと思ってもらいたいです
芸能・舞台・映画・本hanauコメント(0)/トラックバック(5)

インタラクション2日目

インタラクション。来場いただいて聞きに来てくれた人ありがとう(ここ見てる可能性0だけど)。それなりに盛り上がってよかった。

思いのほかブースが盛り上がったので、ほとんど回れなかった・・残念。

本日のアイデア賞:顔。
デモが面白いで賞:不可能立体。
さすがの完成度で賞:ロボット(五十嵐研)
発表者が面白かったで賞:化粧。
 

ただ、1日目の方が全体的に面白かった気がする。ちゃんと見れてないだけなのかもしれないけど。
インターフェースhanauコメント(0)/トラックバック(1)

歌がうまいお姉さんが声優をやるとこうなる典型

水樹奈々をー きいてー うまいーと おもうー。

あると思います。


普通にうまいんだからオタソングだとか些細な問題に感じる典型。声優もこれくらい歌がうまくなってからCDを出してくれればもっとアニソンは栄えると思う。下手が多すぎる。

アニソン風味の曲って独特で、ほかのJPOPにない味があるよね。らんま1/2も、ドラゴンボールも、スレイヤーズも、エヴァも、ハルヒも、なのはも、らきすたも、その時代のJPOPと違うオタっぽさを備えるけど、それは別にダサくない。むしろ最先端という気すらする。

アニソンはどうすれば日陰の存在から脱することができるのかはわからない・・・それが残念

好きな曲:
Orchestral Fantasia
Nostalgia。


この辺は浜崎あゆみとかコウダクミが歌ったら大ヒットすると思うし、谷村奈々とかこのクオリティの楽曲があてがわれていないと思う。谷村奈々はガルネクと違い、本当にもったいない。(ガルネクは楽曲がいいのに歌がダメ。)
音楽【★★★★】hanauコメント(0)/トラックバック(2)

面白い問題

こないだ高校の同窓生であるtumuさんから出された問題。面白かったので通りすがりの人で数学好きは考えてみてくだされ


A)3+(26の3乗根)
B)212の3乗根

AとBはどちらが大きいか?理由とともに説明してくだされ☆
数学・算数hanauコメント(2)/トラックバック(14)